旅と料理と野球が好きな人

    勝手にお勧め観光スポット:仙台うみの杜水族館①~水族館紹介と"日本のうみ"

    今回はうみの杜水族館。
    長くなってしまったので前後編に分けた。
    亡き松島水族館から水族館に通い続ける私のホーム。
    愛ゆえにちょっと辛口になるかもしれないw




    大人のための水族館ガイド [ 錦織 一臣 ]

    価格:3,300円
    (2019/12/22 23:40時点)
    感想(0件)






    【場所・アクセス】

    DSC01020.jpg
    公式ページ→仙台うみの杜水族館
    仙石線中野栄駅から徒歩20分。
    30分間隔で無料のシャトルバスも運航している。
    仙台港ICも近いから車で来る人も多い。


    ついでに仙台駅での乗り換え方法も簡単に案内。
    DSC01018.jpg
    在来線コンコースの一番奥に仙石線ホームへのエスカレーターがあるので、ここから地下に降りればOK。
    「仙石東北ライン」にも石巻行があるけど、中野栄には止まらないので気を付けてね。

    中野栄駅の階段に近いのは一番後ろ、進行方向左側のドア。(開館当初はペイント階段だった)
    DSC06330.jpg


    営業時間は朝9時から夜9時と仕事帰りでも行けなくはないけど、仙台駅から遠すぎる(苦笑
    入館料もお高め2200円、年パスは4400円。
    系列の水族館(シーパラ、アクアパーク、うみがたり)で割引があるのはいいけどね。


    水族館の近く&中野栄駅前にも飲食店があるし、
    アウトレットモールも近いので食事する場所はありすぎて迷うくらい。
    水族館内にも(ちょっと高いけど)地元の名物を提供する食堂がある。
    DSC01225.jpg
    メニューは丼ものとかラーメンとかカレーとか。
    夏は冷やし中華もあったり、宮城の日本酒も置いてたりw
    DSC06728.jpg
    DSC01226.jpg
    DSC01623_2019122221183308a.jpg

    2階のスタジアムの近くでも軽食を売る売店がある。個人的お勧めは鮫ナゲット。
    車で来ている人が多いから、ビール買うのはちょっと勇気がいるけどw
    DSC01147.jpg


    お土産は食堂の向かいと2階の海獣ひろばの2か所で売っている。
    ぬいぐるみはもちろん、お菓子とかアクセサリーとか、割と何でもある系。
    1階食堂の隣には入れるタッチプールも。
    DSC00594.jpgDSC01304_20191222212512ccd.jpg


    館内は国内&東北の生き物を紹介する「日本のうみ」と
    海外の生き物を紹介する「世界のうみ」に分かれている。
    それでは館内へ!
    DSC00451.jpg









    【1階「日本のうみ」】
    エントランス含め、全体的に木を生かした作りになっている。
    DSC01024.jpg
    入口は映像ホール。いつもは東北の漁業を中心にした映像
    クリスマス仕様なのか光のページェント仕様なのか…
    DSC00450.jpg


    DSC00452_2019122221315180d.jpgDSC06373.jpg
    映像ホールを抜けると頭上にホヤを吊るした水槽がドン。
    割れたらどうしよう、って心配になる人もいるかもしれないけど
    水族館のガラスは数cm、数十cmと分厚いガラスだし、国内では割れたって話は聞いたことない。
    ホヤに一番合うものは水って聞くけど、絶っっ対に「一ノ蔵」だよなぁ…。




    DSC00457.jpgDSC01039.jpg
    三陸の海をイメージした大水槽。
    鰯・鰺・鯖と美味しそうな青魚の群れや
    シュモクザメ、エイと大型水槽の人気者が揃っている。
    けど、背景が水色の壁ってのが自然の海っぽくなくて不自然なのが残念。
    上から見るとこんな感じ。(バックヤードツアーにて撮影)
    自然光を取り入れるために屋根がないので、藻が生えて掃除が大変だとか(笑)。
    上から見るとこんな感じ。ちっちゃい池みたい。(バックヤードツアーで撮影)
    DSC08450.jpg


    バックヤードツアーで飼育員のおっちゃんが「予算に制限がなければ鯨を飼いたかった」と言ってたけど、意外な形で叶う事に。
    2018年から登場した大水槽のアイドル、スナメリ君。
    DSC01064.jpg
    石巻で定置網に引っかかってたのを保護された。
    今はすっかり元気になって、群れのイワシをつまみ食いしたり
    大きい魚に絡みに行ったり
    DSC01071.jpg
    ダイバーさんにちょっかいかけたり
    DSC00461_20191222214918613.jpg
    もはやアイドルと言うより完全に悪ガキである。
    っていうか名前つけてやれよ。




    DSC01086.jpg
    大水槽の次は北の冷たい海。
    北の海と言うと見た目より美味しい魚のイメージだけど、
    イソギンチャクとサクラダイのカラフルさはサンゴ礁にも負けないと思う。
    DSC00465.jpg


    DSC01084.jpg
    壁に貼りついてインスタ映えを狙う?ミズダコさん。
    足も美味しいけど頭も美味しいんだよな。
    そういえばタコの塩辛って聞いたことないけど、美味しいの?
    DSC06977.jpg




    DSC06435.jpg
    その次は海藻の周りで生きるいきもの達。
    海藻は5年前の開館当日からかなり減ってしまった。 DSC01088.jpg
    魚が食べちゃったのかなw?




    顔はめ撮影スポットがある。海女さんになりきれる?
    もちろん海女さんの道具も展示されてるよ\('jjj')/
    DSC01095.jpgDSC01096_20191222223102e7d.jpg




    DSC01097.jpg
    三陸の海の幸コーナー。別名"水族館の飯テロ"
    刺身にしたら美味しそうだな…くコ:彡
    DSC06474.jpg
    三陸の漁業についての展示もある。
    鮭の調理法の隣に鮭展示するってどうなのよ…;
    DSC06347.jpg


    DSC01392_20191222223756e1c.jpg
    左の大きな水槽はフカヒレの原料、ヨシキリザメを飼育している。
    綺麗なブルーにくりくりの大きな目、人食い鮫のくせに可愛い顔をしている。
    鮫の仲間は飼育が難しくすぐ死んでしまう事が多いので地味にレア種。
    水槽の壁際に水流が流れているのでずっと泳ぎっぱなしにできるから飼育できるとか。




    DSC00495.jpgDSC01103.jpg
    外洋の次は内湾の飯テロコーナーw
    アナゴと牡蠣の養殖についての展示になっている。
    アナゴちゃんは可愛いとキモいが半々かなw
    DSC07018.jpg




    DSC01110.jpgDSC01111.jpg
    最近元気のないアマモの展示。
    アマモに生えた藻はボラちゃんが一生懸命食べている。
    けど、一番人気なのは真ん中の色塗りw
    塗った魚は奥のスクリーンで泳がせることができる。


    干潟の展示は奥から顔を出す事ができるけど、生き物へのおさわりは禁止。
    海辺ってことでフナムシも展示してるけど…気持ち悪いので写真はやめておこう(笑)
    DSC01116.jpg


    干潟の隣は深海の展示。
    DSC01120.jpg
    皆大好きダイオウグソクムシ。
    DSC00518.jpg
    「世界一醜い魚」ニュウドウカジカの仲間。
    水中では普通の魚なのに、っていうか人間が相当失礼w
    DSC00522.jpg
    冷凍された深海生物を触れる。けど、冷たいだけだよ(笑)
    DSC01119.jpg




    DSC01124.jpg
    東北の希少生物を扱った「うみの杜ラボ」。
    震災の津波で絶滅…と思われたら偶然飼われていた個体が生き延びた「井土メダカ」。
    メダカは場所によって遺伝情報が細かく分かれているので、飼っているものを放さないように!
    DSC00529.jpg




    DSC01130.jpg
    外に出ると広瀬川の展示。
    手前が下流、奥が上流の魚になっている。
    陸の生き物も展示している。
    人気者のモリアオガエルさん🐸と
    DSC01259.jpg
    人気がないアオダイショウさん🐍
    DSC00539.jpg


    最近新しくできたリスさんの展示。近くで見れるけどおさわりはダメ。
    DSC01142.jpgDSC00315_20191222231059679.jpg
    地面近くも走り回るので、踏まないか心配になる。
    そこ、餌入れるところなんですが…
    DSC06686.jpg




    という訳で「日本のうみ」と前編はここまで。
    後編に続く!










    スポンサーサイト



    tag : 水族館 仙台うみの杜水族館

    2019-12-23 : 旅行 : コメント : 0 :
    Pagetop
    コメントの投稿
    非公開コメント

    Pagetop
    « next  ホーム  prev »

    カウンター

    検索フォーム

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: