旅と料理と野球が好きな人

    お仕事、辞めちゃいました!~うつ病になりかけたので仕事を辞めた話

    ※かなりダメダメな社会人のお話です。
    ※参考にしてはいけません。

    よし、予防線は張ったぞ!
    私個人の体験談なので「こんなダメな奴もいるんだな」位で読んでもらえればと思います。

    ・どんな仕事だったか
    ・どこが辛かったか
    ・うつ病かな?と思ったのは
    ・辞めて良かったこと、悪かったこと

    を中心に書いてきます。





    A8.netの申し込みページ




    1.どんな仕事だったか
    KIMG1765.jpg
    通販会社の窓口の中の人です。
    通販番組でやってる「オペレーター増員中!」で増員されてるオペレーターですw
    まぁお店でいうレジ係ですね。
    ただ客層が非常に良かったのでその点は楽でした*^^



    2.どこが辛かったか
    さて、そんな簡単そうな仕事で客層もいい仕事をなんで辞めたのかって?
    まぁただの愚痴とか会社の悪口みたいだけど。

    ・とにかく忙しい!
     いや忙しいから採用されたんだろ、と言われそうですが、今まで一日電話が鳴りっぱなしな会社にいた事もあります。
     何が違うかっていうと、取る本数。
     一つの対応が短いから当たり前なんですが、対応する相手が多いほど疲れるというのは知らんかった…。
     後処理時間(対応が終わって次の電話の受付可能になるまでの時間)が10秒以内って言われてたのも、気持ちの切り替えができずしんどかった。

    ・好きなタイミングで小休憩に行けない
     現場の人員管理が目的なんでしょうけど。
     休憩札が回ってこないとトイレにも行けないのはどうかと思う-"-;



    3.うつ病かな?と思ったのは
    KIMG1773.jpg
    ・深夜の途中覚醒
     夫の爆音いびきだけではなくて(笑)。
     疲れているのに熟睡できず、疲れが取れない悪循環。

    ・仕事がある朝の強烈な絶望感
     目が覚めた時に「仕事だ…」と思うと起きられなくなる。
     無理やり自分に鞭打って朝のルーティーンをこなして出社するんだけど、途中で足が止まることもあった。

    ・昼食の味がしない
     料理は作るのも食べるのも好きな自分がこれは結構重症だったと思う。
     会社での唯一の楽しみも、砂を噛んでるみたいなのは本当辛かった。

    ・家事までやる気がしない
     部屋の掃除どころか、食器を食器棚にしまうのもしんどい。
     毎日の洗濯すら辛くて、壁に物を投げつけたりなどあの時はかなり荒れてたと思う。

    ・趣味を楽しむ気力がない
     通勤中に余計な情報で疲れたくなくて音楽を聴けなくなったりとか
     家に帰ったら家事をこなすだけで野球中継追っかけられなくなったりとか
     休日は寝ているだけでどこにも行けなくなったりとか

    ・そして出社拒否へ…
     仕事がある日になると体が異様に重く、頭全体を締め付けられるような頭痛が起きるようになった。
     これが仕事のある日だけだったので、体に拒否されて初めて「あぁストレスだったんだな」と。
    以前うつ病になった時は何年も病院に通ったり、長期間働けなかったので 「もう同じことは嫌だ!!」 と思い、退職を決意。



    4.仕事を辞めて良かったこと
    ・朝から行動できるようになった。
     休日は昼間で寝てたんですが。
     おかげでシーツなど乾くのに時間のかかる大物の洗濯ができるようになった。
     掃除や片付けもはかどるしね。

    ・何かをする気力が戻ってきた。
     上につながる事ではあるけど。
     音楽を聴いたり贔屓球団を応援したりする元気が戻ってきた。
     何とか2チームともAクラスに滑り込めたので、レギュラーシーズンを取り返す気持ちで応援するぞ!!


    5.仕事を辞めて悪かったこと
    金がねえ。
    以上。
    (人と関わらない生活もしんどいので、元気になり次第働きます)
    スポンサーサイト



    tag : メンタルヘルス うつ病 出社拒否

    2019-10-01 : 未分類 : コメント : 0 :
    Pagetop
    コメントの投稿
    非公開コメント

    Pagetop
    « next  ホーム  prev »

    カウンター

    検索フォーム

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: